bandai_shokugan.jpg

2011年08月12日

ドラゴンクエスト25周年記念 ファミコン&スーパーファミコン ドラゴンクエストI・II・III 超みちくさ冒険ガイド予約開始


そして、ヨコ道・ワキ道・ケモノ道へ…!

おお、みちくさ! 勇者ロトの血を引きし者よ! そなたが来るのを待っておった。「ドラゴンクエスト25周年記念 ファミコン&スーパーファミコン ドラゴンクエストI・II・III」を遊びつくすため、昔メモした復活の呪文・懐かしの裏技・うろ覚えの記憶を携え、今こそ旅立つのだ! そして、楽しい思い出と面白エピソードで本書を満たしてくれ! ゆけ、みちくさよ!

ええと、「ドラゴンクエストI・II・III」をもう一度プレイしたいとは思わないんですが、これは読みたいですw

ブログランキングに参加しています。どれかポチッてください!更新の励みになります〜
これらをCtrl+クリック!
blogram投票ボタン にほんブログ村 アニメブログへ bnr.gif

Add to Google My Yahoo!に追加 はてなアンテナに追加
posted by 立板に油 at 19:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月10日

「キャサリン」ビジュアル本が本日発売


「キャサリン 公式ビジュアル&シナリオコレクション ♀VENUS☆MODE♂」
本日発売されました。エロすぎってことでパケ絵が変更になったり、日本だとパズル部分が難しいってことで超イージーモードが配信されたりと結構お騒がせなゲーム。どこの国か忘れたけど、アトラスの新記録だすほどの売上だとか。

パズルゲーム、別にキライじゃないんだけど最近は面倒なのでしませんwキャサリンも話題になったので買おうかなぁと思ったんですがパズルゲームとわかった途端買う気が失せましたw絵は好きなんだけどなぁw
タグ:キャサリン


ブログランキングに参加しています。どれかポチッてください!更新の励みになります〜
これらをCtrl+クリック!
blogram投票ボタン にほんブログ村 アニメブログへ bnr.gif

Add to Google My Yahoo!に追加 はてなアンテナに追加
posted by 立板に油 at 20:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

Amazonにて「みんなが選ぶ本10%ポイント還元春」やってますよ〜




いろいろお得です!覗いてみたらどうでっしゃろか?みんなが選ぶ本10%ポイント還元春
タグ:セール


ブログランキングに参加しています。どれかポチッてください!更新の励みになります〜
これらをCtrl+クリック!
blogram投票ボタン にほんブログ村 アニメブログへ bnr.gif

Add to Google My Yahoo!に追加 はてなアンテナに追加
posted by 立板に油 at 18:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

これからの「正義」の話をしよう マイケル・サンデル を買っていたことを思い出す



先日何気にテレビを見ていると「あ、マイケル・サンデルじゃん。そういえば」となった。ハーバードで史上最多の履修者数の講義。ハードカバーで購入してましたね・・・ぼく・・・。

北野たけしの番組でだいたい本と同じような内容の授業をしてたように思う。本をちゃんと読んだわけじゃないのでわからないですが。はじめの方の数ページのところに付箋を挟んでいる。どうやら飽きたようだ(笑)

一人を殺せば五人が助かる状況があったとしたら、あなたはその一人を殺すべきか?
高所得者に税金を重く課し貧しい人々に再配分することは正しいことか?
自然災害に便乗して日用品を高値で売りつけるのは悪いことか?
みたいな話を少しずつ条件を変えながら論議し、「何が正義であるか?」の考察を深めていく。

例えば、一人を殺せば五人が助かるに条件を加える。この六人を工事現場の作業員とする。この五人は、指示を無視して作業を行っていて事故が起きても仕方がない状況。一人は支持に従い正しい作業を行っている。この状況で、あなたの操作する機械が五人の作業員を直撃しそうになる。このままだと五人は死ぬことになるが、今ならば一人を殺して五人を助けることも可能である。どう行動するのが正しいのか?

哲学問答なので「何が正義なのか?」には答えはでません。もちろんその人なりの正しい答えはでるでしょうが。テレビでは、北朝鮮に拉致された人々を救うために捕らえたスパイを拷問すべきか、否かなどの質問がされていました。もちろん、机上の論理なら私も拷問はよくないと思いますが、状況を変えて私の家族が拉致されていたのなら、おそらく拷問も辞さないと思います。私は、少なくとも拷問をしたことに対して理解もできるし、非難もできません。

人権は絶対に守らなければという論理もわかります。ですが、権利が守られるのは権利を守っている人間だけにすべきじゃないか?とも思うわけです。違法行為で人の人権を踏みにじりながら、違法行為を行った人間の権利はしっかり守られるというにはどうにも得心がいきません。ですが、違法といいますがその法律が本当に正しいのか?と問われると・・・・いつまでもグルグルと問題が続いてしまいます。

少し脱線しました。ということで、思想を深めるには良い本かとおもいます。私も途中でやめていまいたがこれを気に読破しようと思います。

ブログランキングに参加しています。どれかポチッてください!更新の励みになります〜
これらをCtrl+クリック!
blogram投票ボタン にほんブログ村 アニメブログへ bnr.gif

Add to Google My Yahoo!に追加 はてなアンテナに追加
posted by 立板に油 at 05:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。